組織

研究職員紹介

 氏  名 

高村 巧(たかむら たくみ)

 所  属 

研究開発部[応用技術支援グループ]

 専門分野 

応用物理 コロイド化学 物理化学 分析化学

所属する学会・協会

応用物理学会 日本化学会 日本表面科学会

対応可能な技術分野

材料物性 材料分析 表面評価 耐候性評価

 コメント 

さまざまな材料に関わる相談を、広く受け付けています。

研究テーマ・研究実績等

主な研究テーマ

  1. 自己組織化薄膜法を応用した機能性有機薄膜の作製技術の開発
  2. ホタテ貝殻を利用した蛍光体の特性向上に関する研究
  3. 新連携新規セラミクスを使用したガラスコーティングシステムの開発
  4. 新規セラミクスを使用したガラスコーティング膜の開発
  5. 微量分析と統計処理によるコンブ類の産地判別技術の開発

 キーワード 

材料物性、材料分析、表面評価、耐候性評価、有機薄膜、赤外分光(FT-IR)、紫外可視近赤外分光(UV,Vis,Nir)、ICP質量分析計、原子間力顕微鏡(AFM)、サンシャインウェザーメーター、親水性評価

研究発表など

●口頭発表
  1. 都市エリア発展型No.6生体成分情報による
    生物種・産地鑑定とトレーサビリティ

    北海道立工業技術センター研究成果発表会(H18-20)
●論文発表
  1. 新規セラミクスを使用したガラスコーティング膜の開発
    北海道立工業技術センター研究報告10号(2008)
  2. 微量分析と統計処理によるコンブ類の産地判別技術の開発
    北海道立工業技術センター研究報告10号(2008)

研究職員一覧へもどる