函館・道南では、地元の資源やオリジナルな技術を活用したユニークな企業が数多く活躍しています。
当ホームページでは、それらの企業を取材し、広く全国に向けて発信しています。

函館・道南の頑張っている企業紹介ホームページ
トップページ > 地場産品 > (有)ガッツ
(有)ガッツ
創業の経緯
社長 岸部 悟司さん
←社長 岸部 悟司さん
有限会社ガッツが経営する飲食店は市内に3店舗。杉並町の入り組んだ小路の一画の隠れ家のような『Hakodate Dining 備後屋(びんごや)』、2013年からこれに加わった五稜郭公園の近く道南特産「がごめ昆布」を使った料理を出す『がごめ家』(リッチホテル1F)、本町の繁華街から一本奥に入った住宅街にある創作洋食の店『creative dish goen(クリエイティブ ディッシュ ゴエン』(旧Sleek talart)だ。

 ガッツの創業の経緯は、昭和57年(1982年)11月、岸部社長の叔母・岸部克子さんが、同社の前身となる喫茶店「パリの朝市」を大門に開業したことから始まる。当時高校2年生だった岸部悟司氏は、この店の手伝いをするうちに、人と触れ合える飲食業に魅了され、「いつか地元で飲食ビジネスをやりたい!」と考えるようになったという。

  その後、岸部氏は、大学進学のため函館を離れ、卒業後は首都圏で展開する大手のファミリーレストランチェーンに就職。大手の飲食業の組織運営や経営の経験を積んだ。
企業の場所を地図で確認できます
「(有)ガッツ」が経営する3店舗の場所を地図で確認できます。
創立 1982年11月
代表者 社長 岸部 悟司
住所 〒040-0011
函館市本町28番15号
TEL (0138)31-1692
FAX (0138)31-5836
E-mail s.kishibe@gutz.co.jp
URL http://www.gutz.co.jp
従業員 25名(パート、アルバイト含む)
年商 9,500万円
資本金 300万円
店舗

Hakodate Dining 備後屋
(TEL 0138-31-5555)

がごめ家
(TEL 070-5284-8913)

creative dish goen
(TEL 0138-84-1535)

 
帰函、そして「のみくい屋ガッツ」開業
帰函後の平成6年(1994年)、無国籍料理屋「のみくい屋ガッツ」を開店した。その3年後には、叔母が経営していた「パリの朝市」を大門から本町へ移転。昼の部を「パリの朝市」、夜の部を「のみくい屋ガッツ」という「二毛作」店舗営業を平成15年(2003年)『sleek』にリニューアルするまで続けていた。『備後屋』は、平成13年(2001年)に開店、平成25年(2013年)、五稜郭町のリッチホテル1階に『がごめ家』を開店し現在に至る。
いずれも、20〜60代という幅広い年齢層から支持される人気店だ。
一方で、北海道の地元の食材を使った料理店であることを示す【北のめぐみ愛食レストラン】の道南第一号店として道から認定されている。岸部社長自ら、「イカマイスター」の認定も受けた。
Hakodate Dining 備後屋
▲「Hakodate Dining 備後屋」
 
主要な商品・サービスの紹介
函館に戻る前に全国を食べ歩きする旅行に出たんです。そこで、函館の名物料理ってなんだろう?って考えたんです。
と、岸部社長は語った。この経験が、新しい函館名物の開発へのモチベーションになっているという。
函館の名物といえば、"イカ刺し"、"塩辛"、"イカそうめん"など「素材の良さ」をウリに、函館で食べるのが一番美味しいというものが多い。しかし、「良い素材に料理の工夫と技術を加え、遠くの人々にも物産展やお土産を通して楽しんでもらえるような名物料理を作りたい。」と、岸部社長は考えるようになったという。
そして、平成16年(2004年)、函館市と周辺4町村が合併し、新函館市が誕生した。
函館の名物がイカだけではなくなる。新しい函館名物を開発する絶好の機会だ。
そう考えた岸部氏は、早速函館のイカと旧南茅部町の尾札部の昆布を合わせ、「イカの昆布締め」を開発。同社の飲食店で提供を始めた。
そんな時、健康に良いとされ人気が出始めていた「がごめ昆布」を薄くスライスしたものに出会った。何度も試行錯誤を繰り返すうちに、現在の「はこだて がごめ飯」が完成したという。
creative dish goen
▲「creative dish goen」
 
新函館名物になるか「はこだて がごめ飯」
「はこだて がごめ飯」は、薄切りのガゴメ昆布を混ぜ込んだもちもちとした食感の酢飯の上に、シャキシャキの水菜と細切り大根、鹿部のタラコ、イカの昆布締め、ズワイガニのむき身が載るという地元産の具が盛りだくさんのメニューだ。カツオだしのスープも付く。食事後半、丼にこのスープをかけると、ガゴメ昆布のネバネバとろとろとした食感の雑炊が味わえる。現在、「はこだて がごめ飯」は『がごめ家』(朝食とランチのみ営業)で楽しめる。
新函館名物「はこだて がごめ飯」
▲新函館名物「はこだて がごめ飯」
 
「感動」の料理を全国展開
「がごめ家」はホテルのレストラン部門の業務委託という形態、一方で自社の事業構造の再構築にも踏み切った。長年、同社で働いた備後屋の元店長の独立を支援、2014年9月に、11年続いたSleek Talartを閉店し、新店長の下でcreative dish goenとしてリニューアル・オープンさせた。こちらは泣Kッツから業務委託をするかたちをとっている。
激変する外食産業の競争環境の中でも同社の創業当初からの経営理念はぶれることが無い。それは「すべてのお客様に感動ある料理と感動あるサービスを提供する」こと。高齢化社会の到来とアルコール離れが進む外食産業での新たな展開への青写真が出来上がっているようだ。
はこだて がごめ家
▲「はこだて がごめ家」
 
本サイトは、公益財団法人 函館地域産業振興財団によって運営・管理されています。
本サイトに掲載されている画像・文章等、すべての無断転載・引用を禁止します。
Copyright (C) 2005 公益財団法人 函館地域産業振興財団 All Rights Reserved.