函館・道南では、地元の資源やオリジナルな技術を活用したユニークな企業が数多く活躍しています。
当ホームページでは、それらの企業を取材し、広く全国に向けて発信しています。

函館・道南の頑張っている企業紹介ホームページ
トップページ > 地域ブランド > (有)日新商会
(有)日新商会 食品事業部「華隆」
20年の準備期間
社長 新関 隆いまや地元だけでなく、全国に知られる味と名前になった「ホッキしゅうまいの華隆」。その母体である日新商会は、昭和3年(1928年)に現在地で現社長、新関 隆さんの夫人の祖母が金物屋として開店した。

  昭和38年(1963年)に法人化し、プロパンガスをメインにした燃料店として地域に根ざした経営を続けてきた。

↑代表取締役 新関 隆

 平成17年(2005年)4月、現社長が上磯町(現北斗市)の特産品であるホッキを使ったしゅうまいの販売を始めた。町の「上磯駅前商店街活性化補助事業」の補助金を受けた取り組みだった。食べ物による街おこし。まったくの異業種への参入ではあったが、思いつきや付け焼き刃で始めたことではなかった。

 「しゅうまいづくりはもとはといえば私の趣味だったんですよ。もともと食べること、つくることが好きでね。おいしいものを探しては楽しんでいました。20年くらい前から、出張で東京へ行くたび、お気に入りのしゅうまいを購入してきていました。でも、北斗市の近くにはおいしいしゅうまいが見つからなかった。それなら、自分でつくってみようか。それがきっかけです。」

 いかにも嬉しそうに楽しそうに話す社長の新関隆さん。家族や仲間に試食してもらいながら、もっとおいしいものを、としゅうまいづくりにのめり込んでいったという。
創立 1963年10月
代表者 代表取締役 新関 隆
住所 〒049-0161
北斗市飯生3丁目2-12
企業の場所を地図で確認できます
TEL (0138)73-2136
FAX (0138)73-7964
E-mail info@karyu-hokki.com
URL http://www.karyu-hokki.com/
従業員 11名(パート含む)
資本金 300万円

店内の様子
▲店内の様子
 
趣味が高じて本物づくり
「最初のうちは、これが商売になるとは考えていなかったけど。」
  社長とともに店を支える夫人が、すこしあきれ顔で話す。
「いつも言ってるの。もう少し商売のことも考えてほしいと。なぜって、おいしいものを作りたい一心で手間とかコストとかを度外視するところがあるんです。でも、おいしいもの、もっと良いものをつくりたいという気持ちが強いからこそ、全国から評価をいただけているのだと思いますし。」
華隆のホッキしゅうまいの特徴は、たっぷりの豚肉を使った本物を追求したベースとなるしゅうまいに、上磯の前浜特産のホッキ貝をあわせたこと。貝肉の濃厚なエキスが、豚肉のジューシーな肉汁と絶妙にからみあう。ホッキは加熱によって堅さを帯びるが、生きているうちに筋切りなどの下処理をして、ホッキ独特の弾力ある噛みごたえを残したまま、ふっくらやわらかに仕上げている。しゅうまいの上に乗った鮮やかな紅色に蒸し上がったホッキが、見た目にも美しく食欲をそそる。
2009年2月にデビューした新商品は、豚肉・ホッキ・ホタテという自慢の具を、お米の粒で包んだしゅうまい。お米はやはり北斗市の名産となったお米「函館育ち ふっくりんこ」を使用し、海と山から地元産品を取り入れた商品となっている。「北斗しゅう米」という名前もシャレた逸品だ。農水省、経産省「地域資源認定商品」にも指定されている。
2011年には七飯町福田農園産の「王様しいたけ」を使った「王様しいたけしゅうまい」を発売。
  自然に近い環境で育てられた王様しいたけ、そのうま味がギュッと凝縮されたしゅうまいあんにちょうど良い大きさのしいたけを選んでトッピング。
 同じく新発売された「がごめ昆布しゅうまい」とともに評判を呼んでいる。
色鮮やかなホッキしゅうまいと帆立チーズしゅうまいは華隆の主力商品
▲色鮮やかなホッキしゅうまい(写真左)と
  帆立チーズしゅうまい(写真右)は華隆の主力商品

七飯町福田農園産の「王様しいたけ」を使用した、「王様しいたけしゅうまい」発売
▲七飯町福田農園産の「王様しいたけ」を使用した、
  「王様しいたけしゅうまい」発売
 
大切にしたいこと
「ちょこっと乗っているホッキが手間なのよ」
しゅうまいづくりは、すべてひとつひとつ丁寧におこなっている。一日の製造数は限られるが、それが譲れないこだわりだ。全国の食卓においしいしゅうまいを届けるために、高度な急速冷凍技術が採用された冷凍機も購入した。一カ月の製造数は、11品種あわせて約6万個が限界だ。それでも発売当初の20倍の生産量である。
本物を追求した味の評判は順調に広がった。発売直後、札幌の老舗百貨店から声がかかり、店頭販売をおこない大きな好評を得た。その噂の輪は広がり、いまや北海道物産展のような催事には欠かせない看板商品のひとつとなっている。新関社長の顔もまた看板で、自慢のしゅうまいとともに全国各地を飛びまわっている。
それでも、と夫人は商売の秘訣を話し出す。
「身の丈を知ること。これが大切だと思っています。本物のおいしさをきちんと提供するには、『ここまで』という限界があるんです。それは、製造から販売までを、自分で楽しめる範囲でやることじゃないかと考えています。良い品をつくるための『無理』はいくらでもするけれど、売るためだけ稼ぐためだけの『無理』はしたくないですね。」
しゅうまいは全て従業員たちによる手作り
▲しゅうまいは全て従業員たちによる手作り
 
本サイトは、公益財団法人 函館地域産業振興財団によって運営・管理されています。
本サイトに掲載されている画像・文章等、すべての無断転載・引用を禁止します。
Copyright (C) 2005 公益財団法人 函館地域産業振興財団 All Rights Reserved.