函館・道南では、地元の資源やオリジナルな技術を活用したユニークな企業が数多く活躍しています。
当ホームページでは、それらの企業を取材し、広く全国に向けて発信しています。

函館・道南の頑張っている企業紹介ホームページ
トップページ > 地域ブランド > 株式会社 ノース技研
株式会社 ノース技研
測量設計事務所から、建設コンサルタントへ
代表取締役 布村 重樹さん
↑代表取締役 布村 重樹さん
今や道南を代表する食材として、その存在を広く知られるようになった「がごめ昆布」。その魅力を全国に広め、自然と共生する優れた産業育成と製品化を目指しているのが『函館がごめ連合』。その会長を務める布村重樹さんの本業は、建設コンサルタント業務を主業とする株式会社ノース技研の社長だ。
建設コンサルタントとは、およそイメージがかけ離れたがごめのブランド化をリーダーとなり推進することになったのは何故か。その経緯と心を布村社長に聞いた。
同社の前身である株式会社布村測量設計事務所は、昭和46年の設立。布村社長自身は大学卒業後、下水道関係の計画や設計を行う関西の会社で約10年間業務経験を積み、技術士の資格を取得して、平成5年に北海道に戻った。
当時の函館には、技術士の資格者を有して正式に建設コンサルタント業務を行う会社がなく、札幌の会社が全道の仕事を一手に引き受けていた。また関西と北海道における、ローカルルールの違いもあり、それを学ぶ必要もあった。関西からいきなり函館に戻っても、仕事を得るのは難しいと判断した布村さんは札幌に事務所を開設、まずは札幌のコンサルタント会社の下請けとして業務経験を積むことで人を育て、新たな仕事を獲得していくことを目指した。
やがて社内の人材育成が進んで、徐々に元請けとして提案できるようになり、営業がしやすい地元の、函館で仕事を獲得することにシフトするようになっていった。

企業の場所を地図で確認できます
「株式会社 ノース技研」の場所を地図で確認できます。
創立 1971年2月
代表者 代表取締役 布村 重樹
住所 〒041-0812
函館市昭和3丁目23-1
TEL (0138)43-6500
FAX (0138)43-2475
URL http://www.north-giken.co.jp/
従業員 35名
年商 3億5000万円
資本金 3000万円
 
コンサルタント力を活かして地域に貢献
同社の主な顧客は、国、開発局、道庁や自治体などであり、公共事業投資額の増減が大きく売り上げに影響する。函館での業務が軌道にのった頃に公共投資は急速に減少し始めた。布村さんには「何か新しい事業を始めなければ」との思いが生まれた。
きっかけとなったのが、平成15年に函館エリアで採択された「都市エリア産学官連携促進事業」。北海道大学大学院水産科学研究院などの学術機関、北海道立工業技術センター(函館地域産業振興財団)との共同研究、新製品の開発、既存産業の活性化、新産業の創出などを目指す活動がスタート。その中のテーマの1つが、函館地域で特徴ある生物資源であるガゴメの研究である。
ノース技研は建設コンサルタントを主業とする会社。当然、水産に関する情報やノウハウはなかったが、新たな事業を模索するための勉強というスタンスで、情報発信グループに参画した。
情報発信は、まず情報収集から始まる。布村社長の下には多くの情報が集まってきた。情報を収集・整理して戦略を提案していく「コンサルタント」という同社の本業の力を発揮する機会がやってきた。
連携促進事業は6年間をもって終了、この間ガゴメの認知度は上がったが、メンバーには「まだまだ情報発信が足りない」との思いがあった。その思いを共有する企業が集まり、平成21年6月に「函館がごめ連合」が発足。6年間の事業成果のさらなる発展、企業主体の継続的広報活動とガゴメのブランド化を目指すことになった。
函館がごめ ロゴ
▲函館がごめ ロゴマーク
 
人と環境にやさしい製品開発
この間に同社が中心となって開発されたのが、海中メガネのくもりどめ製品。従来製品は合成界面活性剤を主成分としていたのに対して、本製品はガゴメからフコイダンと呼ばれる成分を抽出・精製する技術(特許取得済み)によって製造する。天然素材を原料とするため、人や環境にやさしいことに加え、湿度が高い状態で効果が長持ちする特徴を持つ。これは合成界面活性剤では実現できなかった効用であり、主に漁業用の箱メガネなどに広く使用されるようになった。
水産に関する知識もノウハウもなかった同社が、どのようにして製品開発のアイデアを出しているのか。実は海中メガネのくもりどめは、布村さん自身の発案によるもの。
ある日、札幌から函館への車での移動時にどしゃぶりに遭い、見る間にフロントガラスは曇り始めた。空調を入れて、ガラスの曇りがクリアになった向こうに噴火湾の海面が見えた。その海面を見て布村社長は、子供の頃海に潜っていた時に海中メガネに昆布などの海藻を塗り付けていたことを「忽然(コツゼン)と」思い出したという。「ガゴメの成分を使用して、海中メガネのくもりどめとして開発できないだろうか」と思い立ち、すぐに会社に電話したという。
さらなるガゴメ文化普及に向けて
函館がごめ連合では、函館駅前地区にアンテナショップ「がごめ昆布 ねばねば本舗」を構えて、製品販売と情報発信を行っている。今後の課題は「食べる文化」をつくること。現在道南の飲食店を中心にがごめ昆布を使用したレシピの提供を依頼、メニュー開発を推進中。既に20店舗ががごめ昆布を使用したメニューを提供しており、店舗所在地のマップも作成された。
製品開発も継続中。湿度が高い環境として代表的なのは例えば原発内部。調査のための無人ロボットのカメラが高湿度で、たちまち曇ったという報道は記憶されている人も多い筈。そういう環境下での活用の可能性もあるという。
一方、湿度が高くない環境でも効果を長持ちさせることが現在の課題。それを実現出来れば、活用場面はさらに広がる。布村さんがアイデアを思い立つきっかけとなった、車のフロントガラスの曇りもそのひとつ。
医学的には、傷口が早くきれいに治る表層被覆材としての効能も証明されており、さらに免疫活性やがん治療などの医学的効能も期待されている。
新たな製品開発の原料として、地域を代表する食材として、様々な可能性が期待されるガゴメ。布村社長がその思いを語る時、その目は将来を見据えつつ、少年のように輝いている。
開発秘話
▲ゴーグルに実装












がごめ昆布 ねばねば本舗
▲がごめ昆布 ねばねば本舗

飲食店マップ
▲がごめ料理提供の飲食店マップ


新たな未利用海藻の高付加価値化
 函館は海流が交わる豊かな海域である。昆布だけでなく様々な種類の海藻の宝庫とも言える。それらの海藻の中には、まだ未利用の海藻が沢山ある。北大水産学部と連携して新たな機能性成分の研究をしており、アカモク由来のフコキサンチンに体脂肪燃焼効果がある事を突き止めた。その研究成果を商品にしたのが「フコキサンチン1000」であり、2013年7月から販売している。新たな機能性成分として注目を集めている。
フコキサンチン1000
▲フコキサンチン1000


 
本サイトは、公益財団法人 函館地域産業振興財団によって運営・管理されています。
本サイトに掲載されている画像・文章等、すべての無断転載・引用を禁止します。
Copyright (C) 2005 公益財団法人 函館地域産業振興財団 All Rights Reserved.