News & Topicsご案内情報

財団事務職員募集のお知らせ

No. / 2022年10月31日

財団事務局の事務職員(正職員)を次のとおり募集しています。

用務内容:総務及び経理事務(会計事務、労務管理事務、庶務事務等)並びに産業振興に関する業務(創業や販路開拓などにおける地域企業支援業務)

採用予定日:令和5年4月1日

受験資格:大学、短大又は高等専門学校卒業の学歴を有する者

申込締切:令和5年1月6日(金)

詳しくは募集要項をご覧ください。

募集要項(PDF.617kb) ◆提出書類様式(excel.73kb)

公募リーフレット(PDF.520kb)

【お問合せ先】総務企画部 総務課 電話:0138-34-2600

 

実験補助員【B】(臨時職員)募集のお知らせ

No. / 2022年11月30日

函館地域の事業活動を支援する中核機関であり、研究機関でもある当財団では、事業のより一層の推進を図るため、次のとおり臨時職員を募集しています。募集の詳細については、こちらをご覧ください。

【募集職員】実験補助員【B】(臨時職員)1名

【雇用期間】令和5年1月1日~令和5年3月31日(更新の可能性あり)

【業務内容】〇海藻加工に関する調査、測定、評価の補助作業

ああああああ〇水産素材や水産食品の簡易な評価テストや加工テスト

ああああああ〇実験データの整理

【応募締切】令和4年12月19日(月)12時必着

【お問合せ】総務企画部総務課 電話:0138-34-2600

実験補助員【A】(臨時職員)募集のお知らせ

No. / 2022年11月30日

函館地域の事業活動を支援する中核機関であり、研究機関でもある当財団では、事業のより一層の推進を図るため、次のとおり臨時職員を募集しています。募集の詳細については、こちらをご覧ください。

【募集職員】実験補助員【A】(臨時職員)1名

【雇用期間】令和5年1月1日~令和5年3月31日(更新の可能性あり)

【業務内容】〇食品に関する試作、評価、分析の補助作業

ああああああ〇水産素材や水産食品の簡易な評価テストや加工テスト

ああああああ〇実験データの整理

【応募締切】令和4年12月19日(月)12時必着

【お問合せ】総務企画部総務課 電話:0138-34-2600

JKA(競輪)補助事業導入機器のご紹介

No. / 2022年11月01日

このたび、JKA(競輪)の補助事業により、次の機器が道立工業技術センターに導入されました。

『レーザー顕微鏡』(株式会社 島津製作所 OLS5100-EAT)

機械金属部品や電気電子部品などの材料を高倍率で観察し、3D寸法測定も行うことができます。

[使用事例]◆電子部品、機械部品などの微小部の3D寸法測定◆機械金属、電子材料、プラスチックなどの高倍率カラーおよびレーザー観察◆金属・無機材料、電子部品、機械部品に関する研究開発、製造技術開発など

これまでも同補助事業により各種試験分析機器を導入しており、地域企業や起業を目指す方に広く開放しております。どうぞご活用ください。各種機器のご紹介はこちらです。

機器(GC/MS用多変量解析システム)の賃貸借に係る一般競争入札の実施について

No. / 2022年09月29日

当財団では、北海道立工業技術センターで使用する機器(GC/MS用多変量解析システム)の賃貸借に係る一般競争入札を次のとおり実施しますので、参加を希望される方は関係書類をご覧いただき、お申込みください。

 

1 件名  機器(GC/MS用多変量解析システム)の賃貸借

2 入札方法 一般競争入札

3 入札執行の日時及び場所

(1)日時 令和4年10月18日(火)13時30分

(2)場所 北海道立工業技術センター 会議室

4 入札保証金 免除する

5 最低制限価格の設定 なし

6 郵便による入札 認めない

7 契約保証金 免除する

8 関係書類 関係書類(ZIP387kb)

 

連絡先

〒041-0801

北海道函館市桔梗町379番地 北海道立工業技術センター内

公益財団法人函館地域産業振興財団 研究開発部研究支援課 岩舩(イワフネ)

電話 0138-34-3600 ※電話受付時間 平日9:00~17:00

E-mail iwafune@techakodate.or.jp

・本入札の参加資格申請書提出期限は、令和4年10月13日(木)17:00必着です。

・質問等は、令和4年10月13日(木)までに上記連絡先へお寄せください。

令和3年度北海道立工業技術センター利用者満足度調査結果の公開について

No. / 2022年04月15日

北海道立工業技術センターの管理に関する協定書第21条に基づき実施した北海道立工業技術センターに係る利用者満足度調査結果を同条第3項の規定に基づき公開します。

1 調査方法

アンケート調査(回答は任意)

2 調査対象期間

令和3年12月1日から令和4年3月31日まで

3 調査対象者

調査対象期間における北海道立工業技術センターの会議室・研修室又は試験研究機器の使用者

4 回答者数

12名

5 アンケートの集計結果

こちらよりご覧いただけます。

 

JKA(競輪)補助事業導入機器のご紹介

No. / 2022年02月08日

このたび、JKA(競輪)の補助事業により、次の機器が道立工業技術センターに導入されました。

『電界放射型走査電子顕微鏡』(TESCAN社製 TESCAN CLARA LMH)

機械金属部品や電気電子部品などの材料を高倍率で観察し、元素分析も行うことができます。

[使用事例]◆機械金属、電子材料、プラスチックなどの電子顕微鏡観察や元素分析 ◆金属・無機材料、電子部品、機械部品に関する研究開発、製造技術開発など

これまでも同補助事業により各種試験分析機器を導入しており、地域企業や起業を目指す方に広く開放しております。どうぞご活用ください。各種機器のご紹介はこちらです。