研究開発

函館地域の産学官連携によって得た、幅広い分野の研究成果を新事業・新製品の創出に役立てるため、地域企業に提供します。

●研究内容は、PDFファイルでご覧いただけます。地域産業化支援事業

【29年度に行った産業化支援】

魚介類の鮮度評価技術に関する支援研究 PDF(106KB)
現在、鮮度指標として利用されているK値測定は精度が高く優れた方法であるが、測定に時間がかかる。一方、光学測定を用いると短時間に非破壊で魚介類の鮮度を測定できる。本研究では、函館地域の水産食品メーカーを対象に、鮮度測定・装置に関するニーズについて調査する。
[実施年度:平成29年度~30年度]

【28年度に行った地域産業化支援事業】はこちら