HITECニュース

知的クラスター創成事業(グローバル拠点育成型) 〜函館マリンバイオクラスター〜 キックオフ・セミナー開催

本年7月に北海道と函館市が文部科学省より採択を得た知的クラスター創成事業(グローバル拠点育成型)は、当財団が中核機関の指定を受け、平成21年9月1日より事業がスタートいたしました。
10月23日、函館国際ホテルにてキックオフ・セミナーを開催しました。セミナーでは基調講演・特別講演に続き4本の研究テーマの概要説明が行われまし た。約180名が参加し、引き続き開催した交流会でも産学官の参加者が熱心に情報交換を行うなど、盛会のうちに終了しました。

基調講演 「地域における科学技術の振興と函館地域に期待すること」
文部科学省科学技術・学術政策局 科学技術・学術戦略官(地域科学技術担当) 増子宏氏

特別講演 「東アジア巨大食料消費市場圏の形成と食料貿易のダイナミズム」
広島大学大学院生物圏科学研究科 教授 山尾政博氏

研究概要説明
テーマ1 「海洋空間情報を活用した沿岸生物相・水圏環境の健全化と高次活用の両立」
北海道大学大学院水産科学研究院 教授 齊藤誠一氏
テーマ2 「高機能性物質を含有する北方系メガベントスの自立型バイオファーミング」
北海道大学大学院水産科学研究院 准教授 安井 肇氏
テーマ3 「メガベントスの生物特性を活かした高機能資源創出のための研究開発」
北海道大学大学院水産科学研究院 教授 宮下和夫氏
テーマ4 「食と健康のグローバル・スタンダード構築のための研究開発」
北海道立工業技術センター 主任研究員 吉岡武也氏


広島大学大学院生物圏科学研究科 教授 山尾政博氏

海外出張報告 〜欧州クラスター視察2009〜

企画事業部長 吉野 博之

欧州における先進的なクラスター政策の概要や優れたクラスター活動の取り組みを学んで、函館マリンバイオクラスター形成に活かすため、欧州クラスター視察2009へ参加いたしました 。
視察は、全国イノベーション推進機関ネットワークの主催で行われ、文科省知的クラスター事業、経産省産業クラスター事業、他のクラスター事業の代表者、 文科省と経産省の担当者、事務局担当者の総勢15名の視察団が、平成21年10月4日から11日までの日程でドイツのハンブルク、ベルギーのブリュッセ ル、フランスのグルノーブルを訪問しました。
ハンブルクは古くから港湾商業都市として発展したドイツ第二の都市ですが、現在は航空機クラスターも推進しています。航空機クラスターは、エアバス、ル フトハンザテクノロジー、ハンブルグ空港会社の3大企業をコアとして、中小企業約300社、ハンブルグ大学、ハンブルグ応用化学大学等4大学、ハンブルグ 経済振興公社が参画し、雇用者36千人(派遣社員を除く。)、総売り上げ70億ユーロの非常に大きなもので、国の支援を受けながら研究開発と人材育成を中 心に進めていました。戦略プロジェクトとして、3つのランドマークプロジェクト「燃料・キャビン改良プロジェクト(エアバス)」「メンテナンス改良プロ ジェクト(ルフトハンザテクノロジー)」「エアポートオペレーション向上プロジェクト(ハンブルク空港)」を掲げ、現実的で明確な目標を設定して堅実に進 めているのが印象的でした。
ブリュッセルでは、EU open daysというコンファレンス(会議)が開催され、日本の代表団として参加しました。ブリュッセルは、ベルギーの首都で欧州連合(EU)の本部が置かれて いることで知られており、欧州政治の一大拠点となっていますが、今回の会議もEU本部の一角で行われました。会議では〜Global Challenges, European responses〜という総合的なテーマの下、全てのEU加盟国、ブラジル、中国、アイスランド、日本、ロシア、ウクライナ、米国など約40カ国から政 治家、開業医、研究者と企業、銀行と市民の社会組織の代表者が集合し、6,000人以上の参加がありました。今回、我々視察団はクラスターに関して討論す るワークショップに参加し、日本から二題の事例発表を行いました。この中でケンブリッチ大学のBarrell教授は、「知識よりも創造力が重要であり、こ れからの地域の発展には、グローバルかつ戦略的なクラスター活動が大変重要となる。」とグローバル化を強調されていました。
グルノーブルは、フランスの中でも第2の経済発展地域であるローヌ・アルプス地域の中心で、マイクロ・ナノクラスター(MINALGIC)を形成してい ます。MINALGICは、100km程度のエリアの自治体、産業関係団体、大企業・中小企業等150社程度がコラボレーションするネットワークで、シス テムオンチップ周辺のマイクロ・ナノテクと、ソフトウェアインテリジェンスを中心に、基礎研究から産業界への技術移転・産業化に取組み、世界各国から 470の企業(43,000人)が参加するというフランスの中でも最も大きな成果を上げているクラスターです。その要となっているのがMINATECとい うノベーションキャンパスで、1km程度の範囲に実際に顔を合わせられるマイクロ・ナノテクノロジーに関する研究、教育、産業界の研究拠点・研究開発ラボ の集合体となっています。そこでは、職員8名がネットワークの中心を担い、各研究機関の取り組みをコーディネートすることで成果を上げていました。今後、 さらにバイオ分野へも技術を拡大する計画で、美しい自然環境を活かし、教育センター、ホテル、レストラン、スポーツ施設、公園・緑地・交通システムなど一 体的に街作りを進める「GIANT」プロジェクトを推進しています。
今回の欧州視察全体を通して、クラスターを成功させるために重要だと感じたことは、「参加機関の信頼関係」「人材教育」「地域クラスター間のネットワー ク」「問題解決の場」(お互いが直ぐにディスカッションできる場が必要)の4つで、今後のクラスター推進に役立てていきたいと考えています。


(写真左)ハンブルク ルフトハンザテクノロジーにて
(写真右)グルノーブルクラスターの中心MINATECの前で


ブリュッセル コンファレンス会場(EU本部)

知的クラスター創成事業(グローバル拠点育成型)に、函館地域が採択されました。

(財)函館地域産業振興財団を中核機関として、北海道と函館市が文部科学省へ提案していた知的クラスター創成事業(グローバル拠点育成型)「函館マリンバ イオクラスター〜UMI(Universal Marine Industry)グリーンイノベーション」が採択されました。
本事業は、産学官の連携により人的ネットワークや共同研究体制を形成してクラスター化し、連鎖的に研究・技術開発が行われることで地域の産業力、学術研究を世界レベルに引き上げ、地域経済の活性化を図ることを目的とした文部科学省の事業であります。1年あたり3億円の事業費により5年間実施される大きな 事業です。
概要はこちら


クラスター形成の構想図