HITECニュース

わかりやすい食品製造機器の洗浄技術の基礎

日 時:平成21年11月10日(火)
講 師:岡山県工業技術センター 研究開発部化学・新素材グループ長 福崎智司 氏
参加者:17名

次亜塩素酸を応用した食品製造機器の洗浄と殺菌技術の説明し実施例を紹介し、プロセス技術の向上を目指しました。特に、洗浄と殺菌の違いや金属や高分子 等の材質に対する効果の差という理解しづらい現象をデータと模式図での説明があり、岡山県の企業で行った実際の現場における細菌数測定や改善のスライドが あり、非常に理解しやすい研修でした。
(写真左)講師 福崎智司氏 (写真右)受講風景

食品包装資材の基礎及び最新動向と利用例

日 時:平成21年11月6日(金)
講 師:東洋製罐株式会社 千歳工場 中里誠一 氏
参加者:28 名

近年、包装材料には多様化する消費者のニーズから、高機能化・高付加価値化・コスト競争力が求められ、単に内容物の保護や保存ばかりでなく、使い勝手 (使い易さ)から廃棄性など環境配慮に至る総合的な性能が必要とされています。そこで、進化する食品包装資材について、基礎知識や最新の利用例等について 講演していただきました。

(写真左)講演風景 (写真右)受講風景