機器・設備の利用

主な機器・設備

圧力真空斜軸ニーダー

食品加工での加熱・撹拌ができます。

光造形システム写真
圧力真空斜軸ニーダー

食品加工における加熱・撹拌工程は、複数の材料を加熱しながら混合することで新しい味を作り出すという重要な役割を担っています。また、加熱・攪拌機は、伝統的な食品加工における熱気中での長時間労働に代わる機械として開発され、佃煮や珍味製造での調味工程や和菓子製造での餡の練り上げなどに使用されています。

本装置は、釜の直径45cm、深さ45cm、満水容量約60ℓ の竪型円筒形で、釜の中を真空又は加圧状態にできます。使用最高温度は約120℃で、80%満水の水を20℃から98℃まで加熱する沸き時間は約15分と短時間です。

また、回転軸が斜軸のため、撹拌効果も優れています。さらに、蒸気を熱源としているので直火釜と比べて熱効率が良く、火災の心配もありません。

食品加工での加熱・撹拌の試験を行う時は、ぜひ本装置をご利用ください。

【お問い合せ・お申し込み先】

詳しい仕様やご利用方法などお気軽にお問い合わせください。

北海道立工業技術センター
TEL:0138-34-2600

使用承諾申込書(PDF)ダウンロード機器・設備の一覧はこちら

このページの先頭へもどる ▲