機器・設備の利用

主な機器・設備【ものづくり技術支援グループ】

振動試験機

IoT機器が輸送過程や設置環境などで影響を受ける振動現象に対する耐性を評価します。

振動試験機写真
振動試験機

 振動試験機は、振動現象をプログラミングして加振機を動作させ、車載用電子機器や製品の輸送過程等に対する振動耐久性を評価します。
  本装置は、正弦波試験とランダム波試験に対応しており、それぞれプログラムの構築も可能です。また、JISなどの規格に準拠したプログラムもいくつか内蔵されていますので、容易に再試験が可能であり、試験後の動作不良や破損等の確認や評価に利用できます。

 本装置はz方向の振動のみに対応しているため、加振機に固定可能な適切な治具をご準備頂ければ、x、y方向の試験も可能です。本装置はIoT機器などにおいて振動現象に対する品質の向上や破損などの機械的不具合に対する発生条件の調査などに活用することで、新製品開発や欠陥修正などにおける課題解決に役立ちます。

本装置は、北海道AI・IoTオープンイノベーション・プラットフォーム構築事業 (経済産業省/平成30年度補正予算[地域新成長産業創出促進事業費補助金])により令和元年度に導入されました。

補助目的であるIoT機器の開発に沿ったご活用をいただきます。

【お問い合せ・お申し込み先】

詳しい仕様やご利用方法などお気軽にお問い合わせください。

北海道立工業技術センター ものづくり技術支援グループ
TEL:0138-34-2600

使用承諾申込書(PDF)ダウンロード機器・設備の一覧はこちら

このページの先頭へもどる ▲