機器・設備の利用

主な機器・設備

X線回折装置

工業材料の分析ができます。

クリープメーター
X線回折装置

材料分野に関する技術相談を内容別に分類すると、材料の成分や材質に関するものが多く見受けられます。このような地元企業のニーズにお応えする装置として、これまで蛍光X線分析装置と走査型電子顕微鏡を紹介しました(HITECニュース、平成16年3月号、平成18年3月号)。

今回紹介するX線回折装置も材料分野における代表的な分析装置の一つですが、これまで紹介した上記の2種類の分析装置とは異なり、材料の成分ではなく材質などに関する分析を行う装置です。従って、X線回折装置で分析を行う前に、予め蛍光X線分析や走査型電子顕微鏡で材料の成分を調べておく必要があります。

例えば、蛍光X線分析で材料の主成分がカルシウムであることが分かったとして、これが石灰石、生石灰、消石灰の何れであるかを知りたい場合、X線回折装置を用いると簡単に見分けることができます。多少専門的になりますが、その他にも格子定数の精密測定や内部歪、結晶粒径、配向性などの結晶に関する情報を得ることができます。

本装置は、機械金属、造船、電子部品関連企業など、工業材料を扱うさまざまな分野で利用できる分析装置です。

【お問い合せ・お申し込み先】

詳しい仕様やご利用方法などお気軽にお問い合わせください。

北海道立工業技術センター
TEL:0138-34-2600

使用承諾申込書(PDF)ダウンロード機器・設備の一覧はこちら

このページの先頭へもどる ▲