組織

研究職員紹介

 氏  名 

吉岡 武也(よしおか たけや)

 所  属 

研究開発部

 専門分野 

食品加工 水産利用

所属する学会・協会

日本水産学会 日本食品工学会 日本技術士会

対応可能な技術分野

食品加工:通電加熱、レトルト殺菌、フリーズドライ、特産品開発他
水産加工:イカ加工、魚卵加工、鮮度、蓄養、魚醤、他水産加工全般
品質管理:食品衛生、HACCP、微生物検査、異物検査他

 コメント 

水産物を中心に食品加工分野で幅広い活動をしています。企業経験を基にした的確な対応を心がけています。

研究テーマ・研究実績等

主な研究テーマ

  1. 魚介類の鮮度保持技術の開発
  2. 水産加工食品の呈味評価と魚醤油の開発研究
  3. 高温高圧殺菌や凍結真空乾燥、通電加熱による新商品開発
  4. 海洋深層水を利用した特産食品の開発
  5. スルメイカの蓄養技術の開発

 キーワード 

水産原料、イカ、ホタテ、魚卵、すりみ、呈味、エキス、遊離アミノ酸、塩辛、するめ、鮮度、鮮魚、K値、蓄養、テクスチャー、通電加熱、エクストルーダー、カルシウム栄養、細菌検査、微生物検査、HACCP、栄養成分、加工適性、海洋深層水、魚醤、イカ肝臓、発酵、ガニアシ、レトルト、高温高圧殺菌、フリーズドライ、サイレントカッター、ロボクープ、電気泳動、HPLC、クリープメータ、実体顕微鏡、色彩測色計

 そ の 他 

●論 文
  • イカの鮮度保持技術の進展
    吉岡武也、木下康宣:日本水産学会誌、72(3), 495-500(2006)
●口頭発表
  • New products and techniques of marine foods in Japan
    (日本における水産加工の新商品と新技術)

    BISFE 2006 INTERNATIONAL SYMPOSIUM (韓国釜山市 2006)
●資 格

博士(水産科学)、技術士(水産加工)、食品衛生管理者

研究職員一覧へもどる